老人ホームの種類の違いについて|【安心と癒しの空間を】介護付有料老人ホームの基本情報!

介護付有料老人ホームについてもっと知ろう!

老人ホームの種類の違いについて

介護施設

介護付有料老人ホームと住宅有料老人ホームの違いとは?

老人ホームは2種類のタイプに分けられています。それは「介護付」「住宅型」です。介護付きについて紹介すると、介護が必要な方が利用するホームで、食事や入浴介助や機能訓練などを行うことが可能な老人ホームのことを言います。一方住宅型ですが、食事や生活支援などのサービスがあるホームです。介護を必要としない方が利用する方が多いですが、中には介護が必要な方も入居することがあります。しかし、介護サービスがないので、利用者の家族、個人で介護をしてくれるサービス業者と契約する必要があります。どちらが良いのかは利用者と相談して決めましょう。

入居の期間の違いは?

入居期間も2種類のタイプによって変わります。住宅型の老人ホームであれば、身の回りのことを自分できる自立した状態であれば、暮らし続けることができます。長く住んでみると気が許せる専属スタッフが増えるため、新たな場所で一から信頼関係を気づく必要がありません。しかし、要介護が必要になった場合、介護サービスを外部契約する必要がでてきたり、そのままこの施設で生活をすることが難しくなるため、退去しなければならないことも出てきます。注意しておきましょう。変わって、介護付有料老人ホームの入居期間は、介護が必要な状態での入居なので、もし体調が悪化したり、介護レベルが進行してしまったりしても医療体制が整っているためにそのまま生活を続けることができます。ただ、その際今後についてよく施設側と話しておく必要があるでしょう。

気になる費用について!

費用にはケアのプランによって変わっていきます。介護付有料老人ホームでは介護サービスが費用に入っているため介護保険の1割自己負担です。介護レベルが高い方でも安心できる費用と言えます。しかし、住宅型は介護付と違い、本人の状態によってケアプランが変わるため、個人によって費用が変わります。なので利用前にホームに連絡して確認しましょう。ただ、住宅型も介護付も両方に言える注意点ですが、入居時に支払う「前払い家賃」というものがあります。入居に必要な家賃を先に払っておくということです。ですが、施設によっては家賃が無料~数千万円という幅の広い費用設定がされているので、必ず事前に利用する際の費用について詳しく確認しておきましょう。

介護付老人ホームを選ぶポイント!

気になる介護付有料老人ホームの情報を調べる

介護付有料老人ホームを選ぶ際に、最初にすることが情報集めです。広島など全国の地域に必ずある老人ホームなので情報集めの方法はネットで探しましょう。老人ホームの施設内容や利用者家族の口コミ情報など、検索すると簡単に見つかるので、たくさんの施設の内容を確認しておくと良いですよ。

資料を取り寄せてみる!

口コミや施設情報を確認して、何箇所か候補が見つかったら実際に老人ホームの資料を取り寄せしましょう。資料には詳しい利用規約や費用、様々な情報を細かく集めることができます。他のホームとの比較をするには資料があると簡単に行えるので資料集めはおすすめです。

見学をして、体験入居させる!

いよいよ最終選考です。実際に気になる老人ホームに行き、施設の雰囲気、スタッフの対応、清潔感などネットや資料で調べることができない情報を肌で感じることできます。多くの老人ホームでは見学はもちろん、短時間の体験入居をすることができます。利用する方の顔の表情や過ごしやすい環境なのか調べることも可能です。それで気に入ったら入居を決めましょう。

老人ホームが多い地域とは?

ある統計データによれば、広島県は全国平均数よりも老人ホームに数が少し多いです。このように、今お住いの地域にどのくらいの施設があるのか把握することで希望の介護付有料老人ホームが見つかりやすくなるかもしれませんよいろんなことを調べておけば必ず役に立つときがきます。

広告募集中